【アクアリウム】外掛けフィルターのろ材の交換時期。でもバクテリアが住んでるから捨てたくない。よし、改造しよう!

水槽アルバム

 

うちの水槽では、テトラの外掛けフィルターを使っています。

中のろ材は消耗品なので、ある程度の期間が経過したら交換しなければいけません。

つまり、交換=前のフィルターは捨てる。

交換時期を迎えるたびに思う、さきたの心境。

捨てたくない!
だって、ろ過バクテリアが住んでるんだ!!

ろ過バクテリアは水槽の大事な住人。

一度ろ過バクテリアのバランスが崩れると、水質悪化に直結します。

過去、何度やらかしたことか――。

そんなわけで、なんとか捨てずに済む方法をひねり出しました。

今のろ材を捨てずに済ますため、フィルターというか、ろ材の改造をしていきます。

マネする場合は自己責任でやってください。生体に悪影響、またはフィルターの本体が故障しても責任は取りませんよ!

フィルターを改造じゃ!

 

使用済みバイオニックジュニア

真っ黒になっているろ材。

もはや、すすいでもどうにもなりません。

ろ材を揉んで感触を確認すると、中にはフレームと石らしきものが入っています。

外側はたぶんウールマットだよなぁ……。

というわけで、はさみでジョキジョキーッと開いていきます。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

バイオバッグジュニアの開き

ろ材の開き。

中の石らしきものは、ろ材ではおなじみの黒いツブツブ――活性炭でした。

フレームのごつさを考えると、量はちょっとショボ……ゲフンゲフン、控えめではありますね。

消耗品であることを考えると、仕方がないでしょう。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

バラにしたら、すすぎやすくなりました。

すすいだあとの水、めっちゃ汚れてますね~。

ろ材をすすいだ水

すすいだら、ろ材を改造。

バイオバッグジュニアの改造

台所の便利グッズでおなじみ、三角コーナー用ネットで包みました。

抗菌用品ではないのは確認済み。

抗菌効果はバクテリアにも効いてしまいますから、チェックが必要です。

ネットの中身は、左上:活性炭、左下:切り取ったウールマットです。

要するに、汚れがすすぎやすく、かつ、フィルターに詰めたときに水が通ればいいのです……たぶん。

さて、準備が終わりました。

  • ネット入り活性炭
  • ネット入りウールマット
  • すすいだろ材(中身なし、ウールマットと枠が残っているのみ)

以上の3つを外掛けフィルター本体に詰めます。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

はい、完成。

水はちゃんと流れ出てきたので、しばらくこれで様子を見ようと思います。

というか、網で包めば、100均で買って放置しているゼオライト追加できるんじゃ⁉
気づくの遅っ!

以上さきたでした。

 

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ