【アクアリウム】外掛け式フィルター「テトラ オートワンタッチフィルター AT-20」紹介&レビュー

アクアグッズ紹介

ウチの水槽では、外掛け式フィルターの「テトラ オートワンタッチフィルター AT-20」と、投げ込み式フィルターの「GEX(ジェックス)ロカボーイ」を使っています。

今回は「テトラ オートワンタッチフィルター AT-20」を、実際に使ってみて感じたことを紹介します。

 

外掛け式フィルターとは

外掛け式フィルターは、水槽のフチに引っ掛けて使うろ過フィルターです。

水中の吸い込み口(ストレーナー)からモーターで水をくみ上げて、外掛けフィルター内のろ材を通し、水槽に水を吐き出します。

コンセントに電源を差し込むだけで、自動的に水をくみ上げ始めるため、呼び水が必要ありません。

エアーポンプを用意する手間もなく、手軽に使えるフィルターです。

さきた
さきた

手軽さと、スタイリッシュな形が人気のフィルターです。

テトラ オートワンタッチフィルター AT-20 紹介

アクアリウムの有名ブランド・テトラの外掛け式フィルターです。

型番は水槽のサイズで変わります。

ウチの水槽は30㎝のキューブ水槽ですので、30㎝以下の水槽用のAT-20を使っています。

  • AT-20
    30㎝以下の水槽用(15㎝~32㎝)
  • AT-30
    36㎝以下の水槽用(20㎝~36㎝)
  • AT-50
    50㎝以下の水槽用(40㎝~51㎝)
さきた
さきた

これ以外にもサイズがありますので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

使い心地

これはイイ!と思ったところ

  • 水槽のフチに引っ掛けてあるだけなので、掃除するときに取り外しが簡単。
  • 専用ろ材だけだと隙間が空いているので、ろ材を追加してカスタマイズができる。
  • 細かく分解できて、すみずみまで掃除ができる。

分解!

分解した外掛けフィルター

ろ材の中には活性炭が入っています。

バイオバッグジュニアの開き

不便だと思ったところ

  • 水槽のフチぎりぎりまで水位が必要(パッケージくらいの水面の高さが必要)
    水は少なめにしたい派の人には向かないかも。
  • モーター音はしないが、吐き出し口から出た水が水面を叩く音が大きい。
    寝る場所に水槽を置いている人は気になるかも。
  • ろ材が使い捨て。

ここがポイント!

カスタマイズができるところ!

さきたはフタを取って、挿し木をしています。

外掛けフィルター

コンパクトさが売りの外掛けフィルター。

ですが、付属しているろ材だけだと、まだまだ隙間があるんです。

つまり追加でろ材をいれたりできるということ。

カスタマイズ好きな人には、たまらないのではないでしょうか。

さきた
さきた

ただし、カスタマイズは自己責任でやってね。

おわりに

さきた
さきた
 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 
Yahoo!ショッピングのcharm(チャーム)さんで、商品総額税込み5,980円以上の買い物をすると、送料が無料になります。(沖縄県を除く)
アクア用品・生体をまとめ買いするときは便利です。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ