裏方をないがしろにすると怖いよ?「生活魔術師達、ダンジョンに挑む」

おすすめ小説

 

あらすじ

エムロード王立魔術学院は、魔術師の卵たちの学び舎だ。

生徒は通常の学問に加え、専門に特化した科のいずれかに所属する。

一番人気は戦闘科。

ほかには、召喚科、精霊科、錬金科、呪術科、心霊科などの科が存在する。

事件は、各科の年度予算を決める大会議室で起こった。

生活魔術科の予算――5カッド、お昼のランチ1人分。

戦闘科に予算のほとんどを奪われたのだ。

戦闘科は500人が所属する大所帯、実績も多くある。

片や生活魔術科の人数3人、目立った実績はない。

予算は決まってしまった。

そして、生活魔術科の生徒たち3人は予算確保のために動き出す。

目指せダンジョン、目的は金策なり!

小説紹介

著者は、丘野 境界(おかの きょうかい)様。

小説家になろうで、2015年7月に発表された短編です。

書籍は宝島社より発行。

内容は発表済みの短編(加筆修正あり)+続き。

著者様によると、4分の3……5分の4くらい書下ろしとのこと。

生活魔術師達シリーズとして、以下の作品が発売されています。

  • 生活魔術師達、ダンジョンに挑む
  • 生活魔術師達、海底神殿に挑む
  • 生活魔術師達、天空神殿に挑む
  • 生活魔術師達、世界樹に挑む

また、コミック版が2019年4月に宝島社より発売されていて、作画は、川上 ちまき様。

思い出

こちらの作品、「懐かしのなろう小説カテゴリー」として書こうと思った作品でした。

久々に検索をかけてみたら、書籍化&コミカライズされているではありませんか。

短編の続きが読めて、しかも長編になっていたとは、いやぁ感慨深い。

2015年7月に短編が発表されて、書籍の発売が2018年3月。

約3年越しの続編発表で嬉しい限りです(今まで知らなかったけど(白目))

これは紹介せねばと思いました。

後述する内容は、小説家になろうにある短編の内容で書き出しております。

登場人物

生活魔術科メンバー

リオン・スターフ

セミロングの温和そうな顔立ちの少女、二年生。

影人(シャドウ)を使い魔としていて、影や人形を触媒として霊的存在を使役できる。

彼女一人が入れば、人手が増えるため重宝されている。

 

ソーコ・イナバ

狐耳狐尻尾で狐面を付けている、狐獣人の少女、二年生。

時空魔術にあたる生活魔術「収納術」をメインに使用している。

収納術は、亜空間にいくらでも物を入れられ、重さも関係なく便利。

 

ケニー・ド・ラック

ボサボサに伸びた黒髪で、やる気のなさが全身から漂っている少年、二年生。

面倒くさがりなのに、せっかち、食に一番うるさい。

料理や掃除の魔術は使えるが、攻撃系は覚えてない。

大抵の雑務は魔術でできるので、色々なところで手伝いをしている。

科長(教師)

カティ・カー

生活魔術科をまとめる教師であり科長、ふわふわとした髪の女性魔術師。

生徒・教師から呼ばれる呼び名は「カー先生」

 

ゴリアス・オッシ

戦闘科をまとめる教師であり科長。中年の男性魔術師。

生徒・教師から呼ばれる呼び名は「オッシ先生」

 

生活魔術科とは?

日常生活に役立つ魔術=生活魔術を研究開発する科。

生活魔術科をあらわすローブの色は草色。

生活魔術科の活動

学院内で実習として行っている活動。

たいした実績ではないので、なくても構いませんね(笑顔)

第四食堂

昼休み限定で生活魔術科が開いている食堂。

予算がなくなったため、即日閉鎖。

 

機材・備品などの預かり

ソーコの「収納術」を利用して様々な科の機材を預かっている。

予算会議において、どの科も生活魔術科のフォローをしなかったので、全部返却した。

 

便利屋

大抵のことをこなせるケニーの魔術がメイン。

たとえば、戦闘科の傷の治療・道具の修復、召喚科や呪術科の儀式の準備など。

準備に時間や手間がかかるようになるだけで、ケニーがしなくても問題ないので、全部断った。

 

お手伝い

リオンの使い魔たちによる人手の提供。

各科の準備作業などで活躍していたが、リオンが金策に出かけたため使用不能。

 

空間拡張

ソーコの時空魔術で、演習場・教室・ロッカールームなどなど、本来の空間を数十倍に拡張している。

当然のことながら全部解除。

 

内容

戦闘科にほとんどの予算を奪われた、生活魔術科。

生徒3人は、金策のためにエムロード冒険者互助組合支部(ギルド)へ向かう。

ギルドで冒険者登録を済ませ、ダンジョンの案内人(ガイド)を雇い、「試練の迷宮」と呼ばれるダンジョンへ。

生活魔術があればダンジョン内でも、ゆったりとキャンプができる。

案内人(ガイド)が驚くほどの快適さ。

案内人(ガイド)がモンスターを倒すのを見て、3人それぞれがアイデアを出し合い、協力して戦い方を模索していく。

案内人(ガイド)との契約が終わり、3日後。

ついに、3人だけでダンジョンに挑む。

 

そのころ魔術院では、生活魔術科ボイコット1日目にして、院全体が丸一日活動不能になる事態が起こっていた――。

感想

戦闘科ざまあwな、お話です。

ないがしろにされた方はダメージが少なくて、ないがしろにした方がダメージが大きい。

オチも「とどめの一撃」という感じで、読者の心をスッキリさせてくれます。

理不尽な現実だから、創作の中に清涼感を求めてしまうのは致し方ないんですよ。

ファンタジーものではありますが、難しい言葉は使っていないので、とても読みやすいです。

裏方の人は表に出てこないけど、とても頑張ってくれています。

たとえば、今使っている電気とか。

毎日陰ながら私たちの生活を支えてくれている人々に感謝!

そんな気持ちを思い出させてくれる作品です。

ざまあ系のお話しが好きな人にオススメです!

 

 
生活魔術師達、ダンジョンに挑む |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア
生活魔術師達、ダンジョンに挑む|小説掲載数50万作品を超える人気小説投稿サイト「小説家になろう」にて総合累計の短編ランキングで2位を獲得した人気作が長編となって登場します。モンスターが跋扈し、危険の溢れた剣と魔法の異世界。エムロード王立魔術学院は将来王宮や軍、院などに進む人材を育成する学校だ。そんな学院で一番人気の戦闘...

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ