ばかわいいぞ、ポンコツ令嬢!「悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~」

おすすめ小説

今回紹介する作品は、小説家になろうで連載中の作品です。

アイリス大賞6 金賞を受賞し、一迅社より書籍化の話しが進んでいるとのこと(2020年5月現在)

さきた
さきた

おめでとうございます!

連載初期からポンコツ主人公を見守ってきた一読者として、嬉しい限りです。

ということで、今回は「ポンコツ令嬢」の作品を紹介します。

小説紹介

タイトルは「悪役令嬢は引き籠りたい~転生したら修羅場が多い~」、作者は「フロクor藤森フクロウ」様。

2019年7月に小説家になろうで連載を開始して、現在も連載中です。

ジャンルは、異世界転生/転移の異世界(恋愛)ジャンル。

タイトルとジャンルのとおり、乙女ゲームの悪役令嬢成り代わり転生してしまった主人公が「おんも怖いでござるー!」と、権力も魔力もある最強パパの庇護の元で、引き籠っているお話しです。

あらすじ

アルベルティ―ナ・フォン・ラティッチェ。

それは、魔法学園が舞台の乙女ゲーム「君に恋して」の悪役令嬢である。

彼女は幼少期に王女と間違われて誘拐され、一生消えない怪我を負った。

王族すら負い目のある彼女になかなか手を出せないことをいいことに、アルベルティーナは悪役の名にふさわしく悪逆非道の限りを尽くす。

そしてラストは、ヒロインたちに断罪されるのだ――。

どうも、誘拐されて前世の記憶を思い出した日本人、アルベルティーナ・フォン・ラティッチェ(幼女)です☆

――無理です。

アルベルティーナは絶世の美女(予定)

娘溺愛・娘ガチ勢のお父様の庇護の元、学園に行かずに領地でヒキニートしていれば、人生イージーモードでは?

おうちのごはんが口に合わない。

口に合うものを作るでござるー!

可愛い女の子を高価なアクセサリーで着飾っちゃいけない?

安いアクセサリーを作るでござるー!

お父様大好きでござるー!

そんなファザコンヒキニートポンコツ令嬢が、領地に引き籠って好き勝手やっているお話しです。

さきた
さきた

前半はコメディ、後半にシリアスが入ってきます。

シリアス部分で阿鼻叫喚となった読者たちに、作者様はハッピーエンド予定というお言葉をくださいました(感謝)

登場人物

アルベルティーナ・フォン・ラティッチェ

乙女ゲーム「君に恋して」の悪役令嬢。

前世の記憶を思い出したことにより、ファザコン・ヒキニート・ポンコツ令嬢となる。

領地の家に引き籠って、好き放題やっている。

様々な人間から好意を寄せられているも、超重度のファザコンと、持ち前の自己評価の低さで気づかない鈍感。

愛称はアルベル。

お父様大好き!

 

グレイル・フォン・ラティッチェ

アルベルティーナの父、公爵であり、軍師。

魔法や剣術など、すべてにおいて超一流という反則級の存在。

最愛の妻を亡くして、愛情のすべてがアルベルティーナに向かっている、娘ガチ勢。

アルベルティーナ以外はどうでもいい。

 

キシュタリア・フォン・ラティッチェ

ラティッチェの分家にあたる男爵家から公爵家に引き取られ、アルベルティーナの弟となる。

 

ジュリアス・フラン

アルベルティーナの現代知識を形にする、スーパー従僕。

 

物語のポイント

ポンコツがかわいい。

ちょいちょい、頭の中で愉快な変換をしているアルベルティーナがかわいい。

ばかわいい(ばか+かわいい)ってやつですね。

お話しの始まりは幼少期ですが、すぐに魔法学園に入学する年齢になります。

つまりは思春期。

しかし、アルベルティーナは魔法学園には行かずに、お父様公認で引き籠りを続けます。

ヒキニート期間が長いのと、もともとがポンコツなので、多感な男の子の心情をまったく理解せず、子どもの頃と同じように接します。

大きく育ったお胸を男の子に押し付けちゃいけませんって。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

アイデアを出した本人が知らずに、行われる領地改革。

ふとしたときに、現代知識をポロリとこぼすアルベルティーナ。

そんなアイデアを形にするのは、そばに控えるスーパー従僕ジュリアス。

ジュリアス自身がノリノリで行って世に広め、自然とアルベルティーナの評判が上がっていきます

しかし、引き籠っているアルベルティーナは知りません。

アルベルティーナところに来るのは結果だけ。

  • アルベルティーナ「こんなの欲しい」
  • ジュリアス「できました」
  • アルベルティーナ「わーい」
  • 終わり
さきた
さきた

世間側の視点も、ちょっと見てみたいものです。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

お父様。

アルベルティーナ「だけ」には激甘なお父様。

周りの人間にとっては、怒らせてはならない魔王。

さすがのポンコツ令嬢アルベルティーナも、お父様に対する周囲の認識は知っています。

わかってて甘えるし、超ファザコンです。

さきた
さきた

お父様とアルベルティーナのやり取りが好きです。

おわりに

書籍化、嬉しい!

これからも、ポンコツ令嬢を見守っていきます。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ