【アクアリウム】春、メダカの産卵シーズン到来

青メダカの産卵水槽アルバム

4月中旬、今年もメダカの産卵シーズンがやってきました。

青メダカがお尻に卵をくっつけているところを激写。

ちょいちょい卵を付けている姿を見かけたのですが、
気が付いたらどこかに引っ掛けてなくなっています。

青メダカの産卵

メダカが産卵する条件

・日照時間

・水温

・健康状態

以上の条件を満たすと、メダカは産卵してくれるそうです。

日が長くなってきましたからね。

本格的に春です。

春といっても油断できない気温

まだまだ夜は冷え込みます。

夜だけでなく、昼間も急に冷え込む日があって、困ったものです。

暖かい日の水温は20度を超えそうになりますが、夜には15度まで下がります。

水槽のヒーターを、最低水温が下がり過ぎないように15度で設定しているので、
ヒーターがなかったらもっと下がっていたかもしれません。

このジェットコースター水温が原因なのか、メダカが3匹お空に旅立ちました。

Noooo!

ヒーターの温度を17度に上げました。

もっと早く対処していれば……、悔やまれます。

とりあえず、水替えもして様子見です。

水替えのときに採取した卵はバケツに投入

メダカの卵とモス

卵はプロホースで吸い込んだウィローモスの欠片と一緒にバケツに入れました。

メダカの卵とモス

昼間は窓際に置いて、夜は寒さが直撃するので部屋の隅に置いておくことにします。

今年は稚魚も屋内で育てるつもり

いつもは卵の入った入れ物を置く場所がなくて、外に置いていました。

そうすると、卵が孵っても暑さで稚魚がやられる確率が高かったです。

どんなに暑さ対策をしても、立地で風通しが絶望的に悪かった……。

今年は場所を作ったので、屋内で育てます。

さて、どうなることやら。

 

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ