【アクアリウム】黒メダカ、髭コケを誤飲してしまう

水槽アルバム

事件はこの黒メダカが起こしました。

黒メダカ

さきたの水槽には髭コケまみれになった、メダカの産卵草というアクセサリが入っています。

メダカの天然産卵草

この黒メダカが何をしでかしたかというと。

コヤツ、髭コケを口に入れて吐き出せなくなっておる!
しかもこれ2回目!

メダカは口に入るものは何でも入れて、食べられないものなら吐き出します。

稀に吐き出せなくて、こんな誤飲事件が起きますが。

さきた
さきた

この前日にも同じことになってたでしょうが!
警戒心はどこにいった!

初めて見つけたときは焦りましたが、2回目ともなると、さすがに写真を撮る余裕も出ました。

とにかく助け出します。

 

黒メダカ救出作戦

  1. ビーカーで髭コケごとメダカをすくう。
  2. 髭コケの生えているアクセサリを、口周りを残してちぎって取り除く。
    ※メダカの体に触れないようにすること!
  3. メダカの口の少し前にある髭コケをつまむ。
  4. メダカも口から出したくて協力的、髭コケを指で固定しておけば、メダカが自力で後ろに動く。
  5. メダカが動いても取れなければ、ちょっとだけ髭コケを引っ張る。

黒メダカ

さきた
さきた

救出成功!

やったね!!

気になるのは消化器官へのダメージですが、このあと普通にエサを食べていたので大丈夫そうです。

救出するときに注意すること

メダカを素手で直接触ってはいけません。

人間の体温である36度前後は、変温動物であるメダカにとって、焼いた鉄板のようなもの。

素手で触るとメダカが大やけどをして、弱って死んでしまいます。

どうしても素手で触る必要がある場合は、あらかじめ手を冷やしておきましょう。

さきた
さきた

今回も念のため手を冷やしてから行いました。

今後の対策

1回目・2回目ともに、ちぎれたアクセサリの髭コケが、空気を含んで浮いていました。

そこに黒メダカがエサを探して水面を泳ぎ回り、口に含んで起きた事故だと思われます。

よって、水面に浮いてしまっているアクセサリをオモリで沈ませれば良いのではないかと考えました。

さきた
さきた

何故そこまで頑なに、ちぎれたアクセサリを捨てようとしないのか?

これにもろ過バクテリアが住んでいるので、捨てにくいんです。

翌日の出来事

さきたはエサをあげようと、水槽の前に立ちました。

メダカたちは、水槽に近づくとエサをくれると思って集まってきます。

えーっと、全員いる……黒メダカがいないぞ!?

水槽を見回してもいない。

ロカボーイの裏の隙間を見てもいない。

まさかと思って手を水槽に突っ込み、髭コケの林を探ってみました。

黒メダカのヤツ、また髭コケ吐き出せなくて途方に暮れておりました。

3・回・目・!

今度は水槽の底の方でやらかしていました。

つまり、対策として考えていた、水面のアクセサリをオモリで沈ませても意味はないということです。

さきた
さきた

この誤飲事件は、同じメダカが3日連続で起こした出来事です。

警戒心はどこにいった!!

本来メダカは、警戒心と学習能力が高い生き物

自然界では食べられる側の小魚であるメダカ。

そのため、人間の姿を見ると物陰に隠れてしまったりと、警戒心が非常に高い魚です。

身を守るためですから、仕方がありません。

また、学習能力も優れています。

2015年には人間の顔を魚が認識するという研究結果が発表され、2016年には総合科学ジャーナルのネイチャーに掲載されたそうです。

さきた
さきた

メダカに対する精一杯のフォローだ!

結局どうするか

黒メダカ

コヤツが、水面であろうと水底であろうと、髭コケがある限り釣れてしまうということはわかりました。

そうなると対策は、髭コケの生えたアクセサリ全部取り出すしかありません。

でもろ過バクテリアがもったいない。

バクテリアも大事な住人ですからね。

というわけで、とりあえず「現状維持」!

様子見です。

さすがに懲りてくれたでしょう。

懲りた……よね?

 

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ ブロトピ:ペットの写真(犬・猫を除く)

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ