【おうちにいよう】どこもかしこもリスだらけ「町田リス園」へ行こう!【グーグルアースでエアおでかけ】

日向ぼっこする町田リス園のリスおでかけスポット

世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

2020年4月24日現在、緊急事態宣言により外出自粛ムードが広がっています。

「レジャースポットがどこも閉まっている」

そんなときに、おうちで外出気分になれるのがグーグルアースというパソコンのアプリ。

グーグルアースには、地球のほぼ全地域の衛星写真データが収録されていて、
パソコンがあれば、おうちでお出かけ気分が味わえるというわけです。

というわけで、グーグルアースを使って「エアおでかけ」をしてみようと思います。

目的地は『町田リス園』

町田リス園|2017 Machida Squirrel Garden.
町田リス園は、放飼場に約200匹のタイワンリスが放し飼いされている都内レジャー施設です。 餌をあげ、食べる様子を見ることが出来ます。他にもウサギや亀など、お子様と動物の触れ合いの場がございます。

町田リス園とは

町田リス園

町田リス園は、放し飼いになっている約200匹のタイワンリスにエサやりができる施設です。

1988年12月にオープンしてから、30年以上が経ちました。

リスの他にもモルモットやウサギなどにもエサやりができます。

開園時間

通年
 平日・土曜・日曜・祝日 10:00〜16:00
 (4〜9月 日曜・祝日のみ 10:00〜17:00)
※入園券の販売は、閉園時間30分前で終了。

 

休園日

・毎週火曜日
 (※祝日の場合は開園、翌平日休園)
・6月・9月・12月
  /第一火曜日〜金曜日(園内整備)
・12月27日〜1月2日(年末年始休園)
・4月30日(火)は休園。

入園料個人団体(20名以上)高齢・障がい者
子ども(3才以上)200円100円100円
大人(中学生以上)400円300円300円

住所
〒195-0071 東京都町田市金井町733−1

電話番号 042-734-1001

リス

交通手段

車で

高速道路: 中央高速の稲城インターから約14km 東名自動車道横浜・町田ICから13km

町田リス園に隣接する薬師池公園の駐車場に車を停めることができます。

平日:無料 駐車場についてのお問合先
 : 町田市公園緑地課 042-724-4397 (大型バスは事前に連絡して下さい)

※ 土曜日、日曜日、祝日、ボタン園有料開園期間および市長が別に定める日は、
  1時間まで無料、1 時間半まで100円、その後30分毎に50円加算になります。

※障害者手帳をお持ちの方等は、駐車場料金が免除になります。
 利用時にご提示下さい。

電車・バスで

小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場より
「本町田経由野津田車庫行(55系統)」または「鶴川駅行(53系統)」で約20分。

「薬師池」で下車、前方右側に町田リス園があります。

間違えやすい2つの町田駅

町田駅は「小田急線 町田駅」と「JR横浜線 町田駅」があります。

町田リス園に行く際に、ここを間違えてしまうと迷子になります。

↓ この青い小田急線マークの町田駅北口からバスが出ています。
小田急線町田駅

JR横浜線 町田駅(緑色のマーク)に降りた場合は、案内板に従って小田急線 町田駅に進みましょう。

歩いて2分くらいです。

人の波に合わせて歩いていけばたどり着けます。

小田急線 町田駅の構内も迷いやすい?

小田急線 町田駅の構内は、一見ごちゃごちゃして見えますが、実はシンプルなつくりです。

出口は東、西、南、北にあると思えばOK(細い脇道的な出口もありますが、そこは無視)

とにかく「北口」と書かれた看板の階段をのぼって行きましょう。

一番人の出入りが多いのは、西口です。

西口の人混みに飲まれてしまうと、JR横浜線 町田駅に連れていかれます。

バス停が見つからない?

町田の小田急北口

↑ 小田急線町田駅の北口階段をのぼったところの景色。

バス停は、「小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)」です。

駅沿いに踏切まで進んでいきましょう。

町田駅
小田急町田駅
町田 踏切

町田 踏切

↑ 画像の左端にバスが止まっているのが見えるでしょうか。

この通りが、バスの停留所が集まる場所になります。

21番バス乗り場を探せ

町田21番バス乗り場

小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場。

ちょうどバスが停まっている場所が21番バス乗り場です。

あとは、
 ・本町田経由野津田車庫行(55系統)
 ・鶴川駅行(53系統)
どちらかの系統のバスに乗り、20分ほどバスに揺られて「薬師池」で降りましょう。

薬師池停留所

道沿いに歩いていけば、右側に町田リス園が見えてきます。

町田リス園

町田リス園に入ろう

入り口で入園料を支払い、入園です。

町田リス園の俯瞰
↑ リス園を俯瞰図で見ると、敷地の形が8の字になっているのがわかります。

画像では、下の方にあるのが入り口で、丸く壁に囲われたエリアがリスの放し飼い広場です。

町田リス園、手前のエリア

※ここからはグーグルアースでは見れないので、公式サイトと写真AC様の画像を使用します。

手前のエリアでは、モルモットやウサギなどにエサをあげることができます。

町田リス園のモルモット

エサは園内の販売所で飼うことができ、レタスとニンジンの入ったエサが1皿100円。

モルモットのエサ売り場が見つからないと思ったあなた、後ろを振り返ってみましょう。

入り口からまっすぐウサギ・モルモットエリアに行くと、エサ売り場が完全に死角になるんです(実体験)

↓ の画像は公式サイトより、「モルモットの親子の展示が始まりました」というお知らせのものです。

もきゅもきゅしていてかわいいです。

町田リス園のモルモット

土・日・祝日にあるイベント「ふれあい広場」

ふれあい広場は、土・日・祝日に行われる、文字どおりモルモットなどを抱っこして触れ合えるイベントです。

事前にふれあい券(100円)を購入しましょう。
ふれあい券の購入条件として、

 ・3才以上であること
 ・チケットの半券があること が必要です。

ふれあい券の販売時間とふれあい時間は下記の通り。

ふれあい券販売ふれあい
10:30~10:5511:00~12:00
13:00~13:2513:30~14:15
14:15~14:4014:45~15:30
日・祝のみ 15:30~15:50日・祝のみ 15:55~16:30

※3才以上であること、チケットの半券が必要

リスの放し飼い広場に入ろう

「リスの放し飼い広場 入口」と書かれた看板の建物があります。

こちらから放し飼い広場に入りましょう。

扉はリスが逃げないように三重扉になっています。

入り口の手前にリスのエサ(ひまわりの種)が一袋100円で売っています。

ここで買ってもいいですし、放し飼い広場の中でも同じものを販売しています。

町田リス園

放し飼い広場の中

町田リス園 放し飼い広場

町田リス園 放し飼い広場

町田リス園 リス

↑ このように、いたるところに巣箱がおいてあります。

見ているだけでも楽しいですが、やっぱりエサをやってみたいですよね。

放し飼い広場の中では、入り口そばのドームでエサを売っています。

エサをやる場合は、ドームのところに置いてある手袋を借りましょう。

素手でのリスへのエサやりは危険です、手をかじられますのでやめましょう。
体験レポート(1月の平日、天気は晴れ)

ここからは、さきたが行ったときの体験レポートです。

1月の平日、よく晴れた肌寒い日に行きました。

寒い日、しかも平日、だからこそ、お客さんがいなーい!!(歓喜)

数える人しかいませんでした。

ふれあいイベントはありませんが、平日、オススメです。

ヘビやカメなどの冬眠している動物はお休み中。

ですが、モルモットやウサギ、リスはしっかり活動していて、エサも食べてくれます。

リスはエサが入った小袋を出すだけで、こちらをロックオン。

そりゃ、人が少ないからおなかすいてますよね。

あれは「人間は獲物だ」という目でした(笑)

けっこう爪がするどくて、体によじのぼってくると服からガリガリ音がします。

正直さきた、ビビりました。

エサの小袋を持っていると、十匹以上が押し寄せてくるんですもの……。

奪われた手袋

ちょっと慣れてきて、手袋の上にのせてエサをあげていた時のこと。

手袋がぶかぶかで、半脱ぎみたいな状態になりました。

「おっと」と、エサやりを中断して手袋をはめなおそうとしたら、
手袋もっていかれました。

唖然とするさきた。

『~♪』な雰囲気で手袋をかじっているリス。

しばらくリスを眺めて、返してくれそうにないので、飼育員さんに助けを求めました。

さすが飼育員さん、するどい爪と歯を気にすることなく、あっさりと取り返します。

飼育員さんは人が少なかったこともあり、なぜリスが手袋を奪ったのか解説してくれました。

リスは巣作りの時期だったため、巣の材料を集めていたのだそう。

手袋も巣の材料になるところだったわけですね。

それよりもさきたが気になったのが、話しの途中でもリスに群がられている飼育員さん。

飼育員さん、頭によじのぼられようとも、胸に引っ付かれようとも、
いっさい気にした様子がなく、笑顔で解説してくれています。

飼育員さん、強い。

返ってきた手袋は、かじられたところだけ、ちょっと中綿が出てました。

流れ出るリス

リスのお世話のために、飼育員さんがはしごで、巣箱のある木に登っていました。

確か水入れが上の方にあって、それをチェックしていたような……(うろ覚え)

それで、飼育員さんがはしごを下りるとき、木を揺らしてしまったわけです。

途端に巣箱の中から出てくる大量のリス。

どんだけ入ってたんだ!?というくらい、ドドドドドッと流れ出てきます。

飼育員さんが「あー!ごめんごめん!!」と言っている間にもリスの流れは止まりません。

いったい何十匹入っていたんでしょう。

あのときは、リス・飼育員さん・見ていたお客さん、
全員の頭の上に『!!』と表示されていたんじゃないでしょうか。

寒い日だからこそ見れる日向ぼっこ

さきたの行った日は1月の平日、寒かったです。

でも日なたには太陽の光があたって、じんわりと暖かい、そんな日です。

気が付けば、日なたに集まって集団日向ぼっこするリスたちの姿が!

目を閉じてトローンとしています。

ニヤニヤが止まりませんでした。

日向ぼっこする町田リス園のリス
写真AC様からの写真、写真撮ってなかった……。 

外国人の方々、団体で到着

お客さんもまばらな園内に、ガヤガヤとした声が聞こえてきます。

声のする入り口を見たら、外国人のお客さんが団体でいらっしゃってました。

町田リス園って、けっこう辺鄙なところにあるんですよ。

山の中だし、周りは公園で、飲食店がない。

リス園自体も動物園としては小規模。

観光ツアーに組み込まれるほどの場所かなーと思い、帰って調べてみました。

毎年、来園者数は増加し海外からの来園者も増えています。英語圏旅行者コミュニティでは「癒しの動物園」として話題にもなっているそうです。
(町田リス園 公式サイトより)

海外で話題になっているとは驚きです。

「癒し」は万国共通ってことですね。

帰るときは手袋を返そう

放し飼い広場を出るときは、エサやりのために借りた手袋を返却しましょう。

ドームに手袋を返却する箱があります。

出口も入り口と同じように、三十扉になっています。

番外編:伝説のドットコム

「天才!志村どうぶつ園」という日本テレビのバラエティー番組をご存知でしょうか。

この番組の企画で、なんと嵐の相葉雅紀さんが来園したことがあるのです。

動物園でつまらなさそうにしている動物たちを楽しませるため、
おもしろシステムを作るというコンセプトの企画です。

システムをひらめいたときに、「マサキドットコーム!」と叫ぶのが恒例。

2014年2月のことだったようで、さすがに当時設置したトーテムポールはありませんでした。

帰りに通る、お土産売り場

町田リス園のお土産売り場

お土産売り場にはリスのアイテムがたくさんあります。

オリジナルグッズもあるので、チェックするといいかも。

帰りのバスまでの時間つぶしに眺めてみるのもいいですね。

おうちに帰ろう

車の人はここで解散。

バスの人はもう少しお付き合いください。

帰りのバス

まずバス停まで歩きましょう。

町田リス園

都道18号

都道18号

都道18号

薬師池停留所

「薬師池」停留所到着!

だいぶ歩きます。

あとは町田駅に行くバスに乗って帰るだけです。

いやー!楽しめましたね。

さて。

無事に家につくまでが遠そ――おでかけです。

では、エアおでかけ、解散!

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ