牢屋で快適生活⁉ 「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」

おすすめ小説

 

 

牢屋で快適生活!?
「婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ」

あらすじ

夜会で、婚約者であるエリオット王子に婚約破棄を宣言された、公爵家の令嬢レイチェル。

彼女は身に覚えのない罪を着せられ、王子によって王宮の地下牢に入れられてしまう。

レイチェルは嘆き悲し――む訳がなかった。

すでに牢暮らしの準備は万端。

ゴロゴロしていても、誰も文句を言わないステキ空間。

牢暮らし=スローライフ。

さあ、反撃(いやがらせ)の始まり。

レイチェルは、牢の中から鍵をかけて自ら立てこもり、内装を自分好みに模様替えしたりと、好き放題。

そんな彼女に、王子が、騎士が、公爵が、牢番が、振り回される。

彼女を牢から出せる猛者はいるのか!?

ラブ要素はどこかに消えた、婚約破棄から始まるドタバタコメディ!

小説紹介

著者は、山崎 響 / Spa-ox 様。

Web版は2018年4月に連載が始まり、すでに完結しています。

書籍版は大量書下ろしを含めて、KADOKAWA/エンターブレインより、上下巻で発売中。

コミック版は、角川コミックス・エースより2019年11月26日より発売。

登場人物

レイチェル・ファーガソン

ファーガソン公爵家の長女。

エリオット王子の婚約者だったが、王子の婚約破棄宣言により(元)がつく。

地下牢に入れられることになるが、牢暮らしを満喫するための準備は終わっていた。

牢暮らし=スローライフといって、王子たちをおちょくりながら、バカンス気分で過ごす。

父である公爵に「鬼子」と呼ばれるほど、荒々しい性格をしている。

公爵夫妻の努力により、表面上はしっかりした社会性を身に付けたように見えたが、婚約破棄というルール違反を起こされたことにより、本来の性格を現した。

 

エリオット王子

レイチェルの婚約者にして、マーガレット男爵令嬢の逆ハーレムの一員。

夜会会場の真ん中で、マーガレットに後ろから抱き着かれながら、レイチェルに婚約破棄を宣言した。

嫌がらせのためにレイチェルを地下牢に入れたが、思わぬ方向に転んでしまう。

猫をかぶっていたレイチェルの内面を見抜けず、内気で面白みのない令嬢と認識していた。

レイチェルに内心で「バカ」と呼ばれている。

婚約破棄騒動を知ったレイチェルの父からは「ばかやろう」と呼ばれた。

 

マーガレット・ポワソン

ポワソン男爵家令嬢。

エリオット王子をはじめとした、高位貴族の子息たちによる逆ハーレムを築いた。

レイチェルから虐められたとエリオット王子に泣きつき、王子が婚約破棄を行うことになる。

レイチェルに内心で「ノータリン」と呼ばれている。

のちに、殴り心地がよさそうだからと「サンドバッグさん」と呼び名が変わる。

 

サイクス・アビゲイル

騎士団長令息にして、マーガレットの逆ハーレムの一員。

 

ジョージ・ファーガソン

ファーガソン公爵家の子息で、レイチェルの弟。

マーガレットの逆ハーレムの一員。

父である公爵は、ジョージがレイチェルを断罪した側であったことを知ったとき、「ジョージ……死んだな」と、彼のことを諦めた。

 

牢番

役職ゆえにレイチェルの奇行を間近で見る羽目になる、かわいそうな人。

ツッコミ要員。

 

内容

タイトルの通り、悪役令嬢の婚約破棄ものです。

レイチェル(主人公:悪役令嬢)が、マーガレット(ヒロイン)の逆ハーレムの一員であるエリオット王子(男性キャラクター(婚約者)に、婚約破棄されるという、スタンダードな話しの入り方です。

最初だけは。

主人公のレイチェル、非常にヤバい性格をしていました。

父である公爵は、子供のころのレイチェルの行動を見て、荒々しい子という意味の「鬼子」と言いました。

レイチェルの子供のころのエピソードにこんなものがあります。

とある少年にいじめられたレイチェル。

レイチェルは報復としていじめてきた少年を池に落としました。

少年が岸に寄ってくると、上がってこれないように石を投げつけ続けます。

駆けつけてきた公爵に、レイチェルはこう言い放ちました。

「上からドンドン石を投げおとせば、しばらく浮いてきません」

こいつはヤバいと思った公爵夫妻は、何とかレイチェルに社会性を教え込みました。

しかし、王子(ばかやろう)がしでかします。

婚約破棄という、重大なルール違反を。

それによって解き放たれてしまったレイチェル。

自分から牢の中に閉じこもり、悠々自適な快適空間に改造します。

さらに、外の人間たちに反撃(いやがらせ)を始めます。

牢の中から出れないはずのレイチェルに、ことごとくおちょくられ、敗北していく王子(ばか)その他もろもろ。

はたして、彼女を牢から出せる者はいるのか。

悪役令嬢の監獄スローライフがここに開幕!

レイチェルの反撃(いやがらせ)のレパートリーの多さに注目です!

 

 
婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ
「プリズン最高! ゴロゴロし放題のスローライフ! 楽しい休暇の始まりだ!」 公爵令嬢レイチェルはだらだら生活と王子への嫌がらせを心置きなく監獄で満喫する!

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ