【アクアリウム】砂利に直植えした姫スイレンを鉢に移すぞ!

吊り下げ鉢水槽アルバム

水槽の大磯砂に植え込んだ姫スイレン。

水面まで20cmほどの高さがあります。

姫スイレンは水面まで茎を伸ばし、水面に葉を浮かべる植物です。

ウチの姫スイレンも茎をぐーんと伸ばしているのですが、ちょっと問題が出てきました。

姫スイレン

姫スイレンの抱える問題

茎が長すぎて、掃除をすると絡まって折れてしまうんです。

これは改善しなければいけません。

そんなわけで、さきたは100円ショップという名の宝物殿へと向かいました。

さきた
さきた

100円ショップはアイデアの宝庫。

キッチン用品がアクアリウムに使えたりするので侮れません。

改善アイデアを固める

何となく考えていたのは、姫スイレンを鉢に入れること。

そして鉢をレンガで底上げすればいいのではないか、ということです。

定番のスタイルですね。

しかーし、わりと大きな100円ショップの店舗内をウロウロするも、ちょうどいい大きさの鉢がない。

置いてある鉢は、深さがあるものばかり。

必要なのは、深い鉢ではなく浅い鉢なんだ…!

そこで、第2案。

この際、深い鉢でもいいから中に軽石を詰めて底上げするか。

しかし、まさかの軽石品切れ。

いつもはあるのに…ぐぬぬ。

鉢コーナーで悩むさきた。

そんなさきたに、あるアイデアが降りてきました。

「下から上げられないなら、上から吊ればいいんじゃない?」

まさに天啓。

そしてさきたは、吊り下げ鉢を購入してきました。

吊り下げ鉢

吊り下げ鉢

さきた
さきた

いい感じに浅いところが高得点。

Let’s 植え替え

まず、メダカは避難。

ミナミヌナエビは、全部確保はできない数なので水槽に入ったままです。

各自、逃げてくれ。

大磯砂を鉢に入れて、姫スイレンの株を植え込みます。

さきた
さきた

今年は大磯砂で姫スイレンを育てるというところは、そのままでいきます。

ダイソーで売っている、砂利用スコップが水切りもできて便利です。

砂利用スコップ

さきた
さきた

大きい100円ショップだと、アクアリウム用品も充実していて助かります。

まさに宝の山。

完成!

姫スイレン

鉢の隅からチラ見えしている青いものは、鉢底の穴から大磯砂が流れ出ないように敷いた三角コーナーネットです。

万が一落ちてしまった時の、衝撃緩和材として橋型アクセサリを下に入れています。

メダカを水槽に放流して完成…!

水槽

作業後に気づく新しい問題点

よし終わり終わりー、とフタを閉めようとしてようやく気づきました。

上から吊ったらフタ閉められないじゃん!

さきた
さきた

まぬけ…あまりにもまぬけ過ぎる!

照明は片側ネジ留めタイプのもののため、フタがないと水没する可能性があり、非常に危険です。

とりあえず、以前ホームセンターで980円で購入した「GEX 金魚のお部屋 S」(おそらく金魚元気水きれいセットシリーズの前世代)のフタを乗せて、応急処置。

本体である水槽は捨ててしまいましたが、フタだけでも取っておいてよかった。

危ないことには変わりありませんから、早急に対処しないといけません。

しかし、植え替え作業で力尽きたので宝物殿(100円ショップ)でのアイデア探しはまた次回……。

 

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ