【小説家になろう用語】逆ハーレム

なろう用語解説

ここでは、小説紹介をするときに使用する用語について解説しています。

逆ハーレムとは

逆ハーレムとは、一人の女性に対して、複数の男性が好意を寄せている状態のこと。

 

概要

ここでいう逆ハーレムとは、主に「小説家になろう」で使用されている言葉を差します。

ハーレムの対義語にあたり、複数の男性が、女性主人公に対して、何らかの好意を持っている状態のことです。

逆ハーと略されることもあります。

 

よく使われる設定

小説家になろうは、誰もが簡単に創作小説を投稿することができます。

おもしろい作品を読んで、創作意欲を刺激された読者が、書き手側に回ることも多々あります。

そのため、人気作品が使っている題材に類似した作品が増えやすいです。

今日の読み手は、明日の書き手。

 

ファンタジーの場合

舞台
  • 異世界
  • 魔力が存在し、人は魔法が使える。
    魔法の使い方を学ぶための場所が舞台となる、魔法学園もの
  • 王族や貴族、平民などの身分制度が存在し、貴族もの
    舞台は、女性主人公が貴族か平民かで、社交界または市民街と変わる。

上記の設定はありふれたものとなっています。

世界観をしっかり説明するために、細かく描写すると、「そんなことわかってるから先に進んで」と、読者が退屈するくらい、浸透している舞台です。

女性主人公をどの立場に置き、男性たちと関わりを持たせるのか。

著者の個性が現れます。

 

男性キャラクター
よく見かけるメンバーです。
  • 皇帝、王
  • 皇子、王子
  • 宰相の息子
  • 騎士団長の息子
  • 魔力の高い事情持ち
  • 暗殺者
  • 上級冒険者

身分の時点で個性が出ているので、描き分けがしやすいです。

男性側の性格は、物語の展開、著者の好みによって異なります。

当たり前ですが、全員イケメンです。

 

展開について
  • 何かしらの悩みを抱える男性たちの心を、女性主人公が癒す。
  • 男性たちが、女性主人公の才能に惹かれ、心奪われる。

大まかな筋道として、よく見られる展開です。

この流れの中に、人間ドラマや、場合によっては熱いバトル、様々な物語を詰め込めます。

 

現実世界もの

舞台
  • 学校
  • 会社(職場)
  • 世界規模

リアリティがあるため、読者が追体験しやすい舞台です。

 

男性キャラクター

学校が舞台

  • 生徒会メンバー(生徒会長、副会長、書記、会計、庶務など)
  • 先生
  • 学校一の優等生
  • 同じ部活のメンバー(部長など)
  • 一匹狼
  • 幼馴染

生徒会長や幼馴染など、何らかの属性を持っていると、読者から認識されやすく、女性主人公からも魅力的に見えます。

 

会社(職場)が舞台

  • 社長
  • 社長の息子、御曹司
  • 専務、取締役などの役員
  • 部長、課長などの管理職
  • 同僚
  • 取引先の関係者

働く女性にとっては身近な部分があり、読者が引き込まれやすいです。

 

舞台が世界規模

  • 世界でも上位クラスの富豪
  • マフィアのボス
  • 国際指名手配犯

このレベルになると、多少のファンタジー要素も出てきますが、気にすることはありません。

思う存分、妄想をほとばしらせましょう。

 

乙女ゲームの主人公になってしまう

乙女ゲームは、もともと複数の男性キャラクターとの恋愛を楽しむという、シチュエーションのものです。

そのため、逆ハーレム展開に持っていきやすい題材です。

元となるゲームはどんなものにするのか。

ゲームの内容に従うか、あえて逆らってみるか。

主人公をどう行動させ、男性キャラクターたちとの恋を描くか。

著者の腕の見せ所です。

関連用語

 

 

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ