あの頃のなろう小説を懐かしむ「誰でも書ける! 婚約破棄!」

おすすめ小説

ここでは、ガラケーで小説家になろう作品を読み漁っていたさきたが、
たまに読み返したくなる作品を紹介していきます。

あなたもこれで婚約破棄小説が書ける!?
「誰でも書ける! 婚約破棄!」

あらすじ

悪役令嬢ものを多く生み出してきた作者、momoyama様。

そんなmomoyama様が、婚約破棄ものの書き方を伝授してくれます。

この作品を読んで、あなたも婚約破棄作品を書いてみましょう。

作品例も用意してくれています。

さあ、レッツ、トライ!

小説紹介

著者はmomoyama様、2015年5月発表の短編作品です。

ジャンルはコメディー。

事前に乙女ゲーム逆ハーレムの知識も頭に入れておくと、より楽しめます。

内容

序盤では、なぜ婚約破棄ものがこんなにも流行っているのかという、分析から入ります。

そして、どうやって婚約破棄ものを描いていけばいいのか、5つのポイントを紹介してくれます。

5つのポイント

1.登場人物

【基本】

  • 王子
  • 悪役令嬢
  • ヒロイン
  • 強い立場の者

【お好みで】

  • 攻略対象
  • 衆人

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

2.まずは婚約破棄から書く

だらだらと状況を説明している暇があったら、事件から見せるべき。

1行目から婚約破棄を行います。

そこに至る経緯は後から説明すればいいのです。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

3.爆弾を投下して、立場の逆転劇を見せる

読者が婚約破棄もので見たいものは、「王子&ヒロインめ、ざまあみろ!」という逆転劇です。

逆転劇を演出するため、王子またはヒロインの立場が弱くなる何かを投下します。

よくあるものが「ヒロインが悪役令嬢からいじめられていると言っていたが、それはヒロインの狂言。証拠もある」です。

王子とヒロインを追い込みましょう。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

4.強い立場の者を乱入させて、王子を断罪せよ!

いくら爆弾を投下しても、悪役令嬢ができることには限りがあります。

そのため「ざまあみろ」という展開には、なかなか持っていきにくいです。

そこで、強い立場の者の登場です。

たとえば、王子の父親である国王を登場させて「お前は王家にふさわしくない!」と言わせてみる、などが考えられます。

—— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ —— ◆ ——

5.こんなはずじゃなかった!

最後は、王子とヒロインに対する「ざまあみろ」展開です。

二人に「こんなはずじゃなかった!」と言わせます。

このセリフによって、ざまあみろ感が高まります。

 

さあ、この5つのポイントを押さえて、あなたも婚約破棄作品に挑戦してみましょう。

例文(要点だけのものです、本文は小説家になろうでお楽しみください)

「お前との婚約を破棄する!」ポイント1 ポイント2

「わかりました」

その言葉を聞き届けると同時に、私は爆弾を投下します。ポイント3

すると、会場は大騒ぎになりました。

王子の隣にいたヒロインが叫びます。

「ここは私に任せてください、強い立場の方! おいでくださいませ!」ポイント4 !?

ヒロインにより邪神が召喚されました。!?

「さあ、悪役令嬢を―― 何てこと、暴走して王子を断罪しようとしているわ!」!?

状況は混沌としていきます。

「こんなはずじゃなかったのに!」ポイント5

ヒロインの叫びが響き渡りました。

思い出

お察しの通り、おふざけです。

例文は、これでかなりマイルドにしてあります。

本文はもっと弾けているので、気になる方は小説家になろうで読んでみてください。

前半で「ほほぅ」とうならせてからの、後半のふざけっぷりが癖になります。

実際、この作品が原因で、当時の小説家になろうのランキングに、ぶっとんだ設定の婚約破棄ものが、いくつか並びました。

今読み返してもシュールです(笑)

【オススメ作品】
婚約破棄から始まる悪役令嬢の監獄スローライフ

 

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ