さきた家の水槽メンバーを紹介! メダカ・ミナミヌマエビ・カワコザラガイがいるよ!

ヒメダカ水槽アルバム

さきたは、室内の水槽でメダカを飼っています。

そう、アクアリウムです。

きっかけは十年以上前に金魚すくいでとった金魚。

初めての金魚のときは、100均で売っているプラスチック水槽、エアストーン(ブクブク)から始まりました。

飼い方を調べ始めて、水と水槽だけでなく、砂利や水草、物理ろ過や生物ろ過について学んでいきます。

その後、水槽がプラスチックからガラス水槽に変わり、砂利が入り、金魚からメダカに代替わりしました。

今回は、そんなさきたの水槽をご紹介します。

さきた
さきた

つねに動き回っているメダカとエビたち。
見ているとおもしろいですよ!

毎年新しい品種が生まれている「メダカ」

メダカは品種改良がしやすい魚です。

今では100種類以上の品種がいるとされていて、毎年新しい品種が生まれています。

さきた家には、よく見かける品種のメダカたちがいます。
【さきた家メダカメンバー】

  • ヒメダカ
  • 黒メダカ
  • 楊貴妃(ようきひ)メダカ
  • 白メダカ
  • 青メダカ

メダカといえばこの種類「ヒメダカ」

ヒメダカ

メダカといえば皆さんこの色の子を思い浮かべるのではないでしょうか。

クリーム色がかわいらしい「ヒメダカ」です。

水槽の底に敷いてある砂利によく映えます。

この子はさきた家で繁殖したメダカの末裔で、現在では1匹になりました。

ヒメダカは漢字で「緋目高」と書きます。

黒メダカが突然変異を起こして、黒い色素を持たずに生まれたメダカが、このヒメダカです。

黒い色素を持たないため、黄色っぽい色をしています。

「緋」とは、濃く明るい赤色のこと。

体の色から取ったのでしょう。

古くは江戸時代から「緋目高」と呼ばれ、人々に愛されてきました。

さきた
さきた

ヒメダカは肉食魚のエサとしても売られています。

エサ用メダカは健康状態が良くなく、すぐに死んでしまうことがほとんどです。

エサ用メダカの方が安く売られていますが、必ず観賞用のメダカを買うようにしましょう。

 

渋さが光る「黒メダカ」

黒メダカ

ヒメダカと同じくらい、目にする機会も多い黒メダカ

クリーム色のヒメダカと並ぶと、黒い色合いも引き立ちます。

水槽には3匹います。

黒メダカはもっとも野生に近い種類のメダカです。

黒メダカ自体は、黒というより灰色っぽい色をしていますが、より黒い色の個体を掛け合わせて生まれた、ブラックメダカという品種もいます。

さきた
さきた

野生に近い種類といっても、地域により遺伝子レベルの差があります。

絶対に自然の川や池などに放流してはいけません!

 

鮮やかな朱色が特徴「楊貴妃(ようきひ)メダカ」

楊貴妃メダカ

この楊貴妃メダカは、最初に見たとき「金魚?」と思ったほどキレイな赤色をしています。

楊貴妃とは中国の唐の時代の皇妃のことで、見た目のとおりの美しい名前です。

水槽には3匹います。

楊貴妃メダカは2000年代に入ってからのメダカブームの火付け役と言われています。

楊貴妃メダカをきっかけに、たくさんのメダカの品種改良種が生まれることになりました。

今では1匹100万円もする、超高額メダカもいます。

さきた
さきた

1匹100円の間違いじゃない?

いいえ、本当に「1匹」100「万」円するメダカがいるんですよ!

 

たおやかな「白メダカ」

白メダカ

透明感のあるヒレが羽衣のような白メダカ

朱色の強い楊貴妃と並ぶと、お互いの美しさがひときわ引き立ちます。

水槽には3匹います。

白メダカもヒメダカと同じように、江戸時代から愛されてきたメダカです。

体が白いアルビノメダカと一緒にされがちですが、白メダカとアルビノメダカは別物です。

見分け方は簡単、白メダカは目が黒く、アルビノメダカは目が赤いです。

さきた
さきた

白メダカはメダカの中でも1、2位を争うくらい人気のメダカなんですよ。

 

刀のような輝きの「青メダカ」

「刀みたいに光ってるなぁ」はじめて青メダカを見たとき、そう思いました。

さきた家の青メダカは、それほど青みが強くありません。

黒メダカよりも色が薄く、青というより銀色っぽいです。

元々は3匹でしたが3月下旬に1匹星になり、現在は2匹です。

メダカは「黒い色素」「黄色い色素」「白い色素」「虹色の色素(光る色素)」という、4つの色素を持っています。

青メダカはこの4つのうちの「黄色い色素」を持っていません。

そのため、このように銀色っぽい青色になるのです。

さきた
さきた

品種改良によって、より青みの強いメダカの品種も生まれています。

 

メダカみたいによく泳ぐ「ミナミヌマエビ」

ミナミヌマエビ

後ろ足をせわしなく動かして、メダカと並走していることもあるミナミヌマエビ

メダカとエサの争奪戦とかもやっています。

水槽で生存が確認できているのは8匹です(10匹購入して2匹が星になりました)

ミナミヌマエビは水槽のコケを食べてくれる掃除屋さんです。

また、ミナミヌマエビは淡水で繁殖ができるエビです。

よく比較されるヤマトヌマエビは、汽水(淡水と海水がまじり合った塩分の少ない水のこと)でなければ稚エビが育ちません。

そのため、水槽で手軽にエビの繁殖を楽しみたいのであれば、ミナミヌマエビがオススメです。

さきた
さきた

環境が整っていれば、水槽内で稚エビをみることができます。

 

水槽最古参の一族「カワコザラガイ」

写真ACより

この貝は、金魚時代に購入したマツモにくっついてきた米粒ほどの小さな貝です。

投げ込み式フィルターのロカボーイの中や、底砂の中を住処としています。

カワコザラガイのように、水草についてきたりして、意図せず水槽に入り込んだ貝類をスネールと呼びます。

サカマキガイなど、大食漢の貝は水草を食べてしまうため、非常に嫌われています。

そのくせ、水槽内で繁殖するので駆除が難しい。

一度入り込んでしまったスネールとアクアリストの間には、長い戦いの火ぶたが切って落とされるのです。

カワコザラガイは、気にしなければ、水槽の壁面にへばりついてるような見た目以外に害はないです。

さきた
さきた

カワコザラガイは、気にしないことにしています。

まとめ

  • ヒメダカ ×1匹
  • 黒メダカ ×3匹
  • 楊貴妃メダカ ×3匹
  • 白メダカ ×3匹
  • 青メダカ ×2匹
  • ミナミヌマエビ ×8匹
  • カワコザラガイ ×それなりにたくさん
さきた
さきた

以上が、さきたの水槽に住む魚・エビ・貝たちです。

みんな動くの早いよ…、写真におさめるのも一苦労でした。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ