【小説家になろう用語】悪役令嬢

なろう用語解説

ここでは、小説紹介をするときに使用する用語について解説しています。

悪役令嬢とは、乙女ゲーム(複数の男性との恋愛を楽しむシミュレーションゲーム)においてのライバル役女性のことです。

概要

ここでいう悪役令嬢とは、現実の乙女ゲームのライバル役女性のことではなく、主に「小説家になろう」で使用されている創作としての悪役令嬢を差します。

現実の商用乙女ゲームには、悪役令嬢は存在しません。

そのため悪役令嬢は、現実の乙女ゲーム愛好家からは、賛否が分かれる存在となっているので、ご注意ください。

悪役令嬢が生まれたわけ

悪役令嬢は、最初はただの女性ライバルでした。

乙女ゲームの女性主人公は、男性キャラクターにアプローチをして、結ばれようとします。

しかし、すんなりと結ばれてしまっては、ゲームとして面白みがありません。

そこで女性ライバルが登場することになります。

女性ライバルは、主人公と男性キャラクターとの恋を邪魔する役割を与えられます。

邪魔が入ることで、主人公と男性キャラクターの絆は深まり、物語はより一層ドラマティックになっていきます。

創作としての乙女ゲームの妨害の仕方は、マンガの表現が色濃く出ています。

マンガの方が、より過激な表現が許されているためです。

女性ライバルが使う手段は様々です。

主人公の悪い噂を広めたり、所持品を壊したり。

取り巻きと呼ばれる友人たちと、主人公を責め立て、心を折ろうとすることも。

階段から突き落とそうとしたり、ならず者に襲わせようとしたり。

あげくの果てには、暗殺しようとしたりします。

そう、物語を盛り上げるために、著者は女性ライバルの行動をどんどんエスカレートさせていくわけです。

そうすれば、女性ライバルが主人公に敗北したときに、惨めさが増し、主人公がより光り輝きます。

いつしか女性ライバルは、行動の悪辣さから「悪役」と呼ばれます。

「令嬢」は、乙女ゲームの女性ライバルは、良家のお嬢様という設定が多かったためです。

語呂の良さもあるでしょう。

こうして「悪役令嬢」は生まれました。

悪役令嬢の独り立ち

かつては、乙女ゲームの女性主人公の引き立て役だった悪役令嬢。

しかしそのキャラクター性の濃さから、悪役令嬢自身にスポットライトが当たり始めました。

悪役令嬢が主役となるときが来たのです。

あるときは、主人公を完膚なきまでに叩きのめし。

あるときは、裏社会を牛耳り。

あるときは、勇者そっちのけで魔王を倒す。

キャラクターとしての「悪役令嬢」の確立です。

悪役令嬢を主役にした物語は、「悪役令嬢もの」と呼ばれるようになりました。

現在では、悪いことをしていなくても、乙女ゲームの女性ライバルポジションにいれば、「悪役令嬢」と呼ばれています。
もはや、「悪役令嬢」は物語上の主役・脇役の関係にとらわれない、ポジション名となっています。
悪役令嬢とは反対に、逆ハーレムを築いている女性のことを「ヒロイン」と呼びます。
これは乙女ゲームの女性主人公をヒロインと呼ぶことに由来しています。
物語の主役ではなくても「ヒロイン」、逆ハーレムにいる男性陣の権力を使って、極悪非道なことをしていても「ヒロイン」です。
こちらも、「悪役令嬢」と同様に、物語上の主役・脇役の関係にとらわれない、ポジション名となっています。

容姿

乙女ゲームの主人公(以下、ゲーム主人公)は、十代の女の子が多いことから、同じく十代の女の子。

やや釣り目で、きつめの美人。

髪型は昔の少女漫画の令嬢がしていたような、ドリルと表現される縦髪ロールをしています。

完璧な礼儀作法を身に付けており、言葉遣いや身のこなしも優雅です。

恋のライバル役にふさわしく、ゲーム主人公以上の美貌をもっています。

美人というのは変わりません。

縦髪ロールという髪型は、悪役令嬢というキャラクターが独り立ちし始めると、少なくなりました。

完璧な礼儀作法、優雅な言葉遣いや身のこなしをしているという設定は、そのまま残っている作品が多いです。

しかし、その裏で冒険者として大暴れしているというような、破天荒っぷりが付与されるようになりました。

ギャップが面白いですからね。

性格

気が強く、ゲーム主人公に強く当たります。

ライバル役なので当然です。

その一方で、勉学や礼儀作法に打ち込み、自分を磨くことを怠らない、真面目さを持ちます。

性格は多様化しました。

気が強いどころか、引きこもりの人間不信とかもあります。

どれだけオリジナリティを出せるのか、読者の度肝を抜く行動をさせられるのか。

なにせ悪役令嬢は「主役」なのです。

物語は主役のための舞台。

悪役令嬢が生き生きとしていればしているほど、読者は自然と物語に引き込まれていきます。

おすすめ作品

関連用語

 

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ